アブとブヨに注意です 結構刺されるらしいです 僕は経験ないですが
http://www.otomiya.com/fishing/sea/28-buyo.html
虫除けは忘れずに!!!!!!!


  

水元公園


パパのための段取り〜〜
割と大きい駐車場があります
駐車場から見てバーベキュー場・冒険広場(遊具があります)と反対側に
公園管理事務所がありますのでそちらで受付を済ませます
前日までに予約するとの事(当日でもやって頂けました感謝です)
荷物を持ってバーベキュー場に向かいます
バーベキュー場と遊具の場所は隣なので子供たちを遊ばせる場合は楽です
遊具もそこそこあるので楽しめると思います
遊具で遊んでお腹が空いたらバーベキューをはじめましょう〜〜
炭を捨てる場所とテーブルとイスが幾らかありました
休日はテーブルとイスも持っていったほうがいいかもしれません
遊具の隣に大きなドックランがありました

感想〜
広くてきれいな公園でした〜〜

注意〜
バーベキュー場近くのトイレに紙がありません
トイレットペーパー持参でバーベキューに行きましょう
↓参考にさせて頂きましたm(._.)m ペコッ↓
http://homepage3.nifty.com/mizumoto/index.htm  ←すごい!!!
http://santa.cside.com/mindex.html
http://homepage2.nifty.com/mizumotokouen/
http://www.asobi-map.com/mizumoto.htm
http://www.h4.dion.ne.jp/~a-papa/mizumoto.htm
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Sparta/6478/spot001.htm
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/toubuk/mizumoto/index_top.html
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index041.html


  

光が丘公園


動画はこちらから〜

パパのための段取り〜〜(バーベキュー)
サービスセンターで受付を済ませます(無料)
バーベキュー場まで荷物を運びます
駐車場からかなり距離があります
台車も用意しましょう
平日のため貸切でした
設置してあるテーブルとイスを使ってバーベキューが出来ました
テーブルとイスはそんなにないので休日利用はどんな状態か
問い合わせておいたほうがいいかもしれないです
炊事棟はあるのですが鍵がかかっていて全く使えませんでした
炭を捨てるドラム缶だけはあります
後は全部自分で用意しなければなりません
バーベキュー場からトイレは割と近いです
フィールドアスレチック広場も割りと近くにあるので
荷物を降ろしてからアスレチックでお腹を空かせて
バーベキューって段取りがいいかもしれません
注意〜
売店にはバーベキュー道具は置いてありませんでした
忘れ物しないようにしましょう〜

公園として〜〜
大きな公園でアスレチックもあり、なかなかおススメです
お弁当を持って行けば1日楽しめると思います
公園の中を自転車が普通に行き来していました
たぶん日常生活での通路になっているようでした、よって自転車の練習にも使えそうです
ラジコンをやったり大道芸の練習をしたり、近所の人の日常の生活に溶け込んでいるようでした

芝生で犬がおしっこをしていたのが気になりました
芝生も犬ありなのかしら??

↓参考にさせて頂きましたm(._.)m ペコッ↓
http://www.agora-zoen.co.jp/~hikarigaoka/


  

小菅村

動画はこちらから〜〜

パパのための段取り〜
東部森林公園キャンプ場受付は街道沿いの御土産屋?のような建物のようです
キャンプ場は街道沿いに流れる川を橋で渡ったところに
駐車場があるのでそこに止めるようです
その道をそのまま進むと原始村になるようです
ちょっと迷い込んでしまいましたが何か楽しそうな感じでした
駐車場から車でキャンプ場の中へ入ると
左手に車ごと川辺に降りる道があるのでそこを降りたところで今回遊びました
バーベキューするなり、川遊びをするなり、子供たちと一緒に遊びましょう
その道をさらに進むとバンガローや炊事場やトイレ(水洗)があります

キャンプ場から車で15分?で小菅の湯に行けます
山の中に突然現れる新しい施設でなかなか良かったです

感想〜〜
奥多摩湖を越えると一気に大自然って感じになります
車もほとんど通らないし
1日タップリ遊べます

↓参考にさせて頂きましたm(._.)m ペコッ↓
http://www.tsubaki.org/outdoor/camp/kosuge/index.html


  

城南島海浜公園

動画はこちらから〜〜
駐車場から近い タープテント可 トイレ水場あり 網・鉄板・炭レンタルあり
食材は全部自分で持ち込み テント・タープ利用可

注意〜〜
ここは家族単位での利用を考えているようです
それ以外のご利用は難しいかもです
バーベキュー場を利用すると駐車料金が一日¥500になるようです
平日は1時間¥100ですが休日は1時間¥200なので
休日ご利用の方は受付で利用しましょう


パパのための段取り〜〜

事前に予約を取っておきましょう
現地に着いて受付を済ませお金を払います
自分達の場所を教えてもらってそこに向かいます
家族1単位に野外炉とテーブルとイスが与えられます
人工海浜(砂浜)もあります、子供の遊具はないようです
オートキャンプ場もあります

感想〜
家族単位で広く場所が取れるので
予約さえ取れれば休日の利用は広々ゆっくりでいいのではないでしょうか


  海釣り

若洲公園

動画はこちらから〜〜

利用料金(¥300〜) 駐車場(一日¥500) バーベキュー場近 トイレ・水近 食材販売なし
バーベキューコンロレンタルあり(予約要下記参考に) タープ・テント可) ゴミ捨て不可

パパのための段取り〜
事前に電話で予約を取りましょう(当日可)
現地に着いたらサービスセンターで料金を払うと自分の場所を教えてもらえます
指定された自分の場所に向かいます
荷物の多い方はサービスセンター横にリアカーがあるので(無料)それを使いましょう
駐車場からサービスセンターとキャンプ場までの距離は近いので助かります
共同のイスとテーブルがありますが混んでくると足りなそうなので自分で用意したほうが良さそうです
(平日利用したときは空いていたので共同のイスとテーブルの脇にバーベキューコンロを置いて焼くことが出来ました)
炊事棟にカマドと流しと調理台がありますしトイレも近いので便利だと思います
後は食いまくり遊びまくりましょう〜
キャンプ場を出て少し歩くとサイクルセンターで自転車に乗ったり
多目的広場で遊具で遊んだり出来ます
海釣りも出来ます、小さなお魚がポツポツ釣れていました(写真)
当日はセミが大量発生していました、一生懸命つかまえていました、夏には虫取り網はあると良いかもしれません

感想〜
なんと言っても近いし20:00までやっているので、朝ゆっくりできます
平日でしたら朝起きてから予約の電話をして、行く途中で食材を買い込んでも間に合うのがうれしいです

注意〜〜
レンタル用品は公園内のレンタル&コンビニエンスショップサザンウィンド電話 03-3522-6626で借りられるようです
バーベキューコンロ、海釣りセットなど有るそうです、食材は用意はほとんどないとのことでした
公園とは管轄が違うらしくレンタルについてはこちらに直接聞いてくださいとのことでした


    

岩井海岸

パパのための段取りです〜〜

岩井海岸の地引網
動画はこちらから〜
夏休み期間は毎日朝5:30より無料でやっているようです
普段は有料でアワビと海鮮バーベキューをやっているようです
沖で漁師さんが網を海に入れます
砂浜では二手に分かれて縄を引きます
縄の一番岸側の人が前に行って引っ張るを繰り返します
だんだん網が見えてきて最後に大漁?の魚が取れます
獲れた魚を漁師さんがその場で説明してくれます
説明終わると子供たちに魚を分けてくれます
ピクピクした魚を見られる貴重な体験が出来ます

注意〜〜

場所が毎日変わるようです
広い海岸なので現地に着いて見回してもどこでやるのかわかりません
地元の人に今日はどこでやるか教えてもらいましょう

お魚入れる袋は忘れないで!!

初日寝坊して30分遅刻したら終わってました(^_^;
次の日早めに行くとまだ誰もいないので本当にやるのかな??と心配するほどでした
しかし時間が近づくにつれてゾロゾロ人が出てきました
近くに宿泊している人が歩いて来るようです

感想〜〜
僕は貴重な経験が出来て大変面白かったです
パパママは大きな声で「早く並べ」とか「袋もったか」とかテンション高いのですが
朝早いので子供たちのテンション低めのような・・
これ狙いだけで東京から来る人は少ないようです
宿泊のお客様サービスのようですね

海水浴とバーベキュー
動画はこちらから〜

海岸でバーベキューは出来ます、すべて用意していきましょう何もありません〜
内房なので遠浅で波少なめで安心して楽しめます
いやいや僕の子供の頃の印象は内房水汚いでしたが、今はきれいな海です
ライフセイバーの方も一生懸命監視してくださり本当に心強かったです、子供3人いると目がどかないので

海の家は海に向かって一番左側、富山町第一海水浴場海の家を利用させて頂きました
この海の家は「本日とれたアジの天ぷら¥500です」などと海岸に放送するのでつい釣られて食べてしまいました写真
でもあまりに放送が多いのでチョットうるさいですw

注意〜〜
バーベキューの禁止事項とか観光協会に問い合わせてみてください
海は風が強いですタープ、テント、パラソル、お気をつけください
タープはロープとペグ多めに持っていった方がいいようです、かなり手こずりました・・
もしペグが抜けると風でポールが中にすっ飛んで来ます気をつけてください


 

昭和記念公園でバーベキュー
下見の動画はこちら
保育園児と父母総勢30名での動画はこちら

手ぶら可 車から遠 リアカー有(無料) タープ可 近(トイレ・水道・売店) 駐車料金一日 ゴミ捨可(有料)
 炭処理代¥200(コンロ1台について)

パパのための段取り〜〜

前もって予約を取っておきましょう〜(当日でも空いていれば可)
西立川駅か西立川駐車場から
公園入り口(入場料¥400)まで1分
入り口からバーベキュー場まで歩いて10分ぐらいでしょうか
(立川口から歩くと30分ぐらいかかるそうです、自転車を借りることも出来ますが・・・・)
機材や食材を持ち込む場合は入り口でリアカー(無料)を借りることが出来ます
バーベキュー場は機材や食材など全部揃っています
子供の遊び場は近くのわんぱく遊具広場まで歩いて5分程です
初めての方でも手ぶらで出来ますのでおススメです

感想

入場料¥400掛かりますがよく整備されとてもきれいな公園です
駐車場も一日¥840(時間制ではない)なので一日遊ぶにはいいと思います

注意!!

プールがはじまると西立川駐車場が午前中でいっぱいになってしまうことがあるそうです
季節により開園時間が違うようです
寝ていた子供たちを起こしたら機嫌が悪かったので
虫取り網を渡してこれで遊ぼうとのせて公園に乗り込もうとすると
係員に虫取り網の持込は出来ませんと言われ入り口で係りの人に預けることに・・・
けして虫取り網を使って機嫌をとるのはやめましょう・・・

子供の園で50名の大バーベキュー大会をしたときは
受付でバーベキューコンロの持ち込みは防火のために制限があるとか??いろいろ言われました
よくわかりませんが、民間委託なのか?大人数で食材も機材も持ち込むと売り上げがないことを嫌うらしく
予約を取り消すなど脅されました
大人数のご利用で持ち込む際は慎重にした方が良いようです



 
早戸川国際マス釣場

定休日が祭日にぶつかったので、スタッフとお客様10名で行ってきました
なかなか好評だったので又やります、ぜひご参加を〜〜
動画はこちら
まずパパのための段取りです
この管理釣場はルアーフライエリアとエサ釣一般エリアとエサ釣貸しきりエリアの3エリアがあります
貸切エリアはお金を払う大人5人以上が条件なので何とか5人大人を集めましょう
貸切エリアの段取りを進めます
まず看板にしたがって山道を登るとまず最初にルアーフライエリアの入り口を通り過ぎて
すぐにエサ釣エリアの入り口を入って川原まで降ります
受付がありますので人数を言ってお金を払います、そのときに貸し竿や餌や仕掛けも買っておきます
トイレを済ませ下にいる係りの人に伝票を渡すと
人数分の放流マスと貸竿をトラックに乗せて走り出しますので
それに付いて行きます
その日貸しきれるエリアに案内され放流してもらえます
その時全部放流するか食べる分は取って置くか聞かれるので好きな方を選んでください
この日は当店のエベント常連の遊びの達人が大きな魚篭を持ってきたので
それに半分ほど入れてもらい残りを放流してもらいました
後はがんばって釣ります、放流直後はすぐに釣れるので
食いの良いうちに全員に最低でも2〜3匹は釣らせましょう
一時間もしないうちにほとんど釣れなくなり、初めての人も1人で釣ができるようになるので
その場を離れバーベキューの用意をはじめます
魚も釣れなくなりお腹も空いてくるので
パーティーのはじまりです、お腹もいっぱいになりビールで気持が良くなったら
みんな朝早かったのでお昼寝タイムです
みんなが寝たらやっと釣ができます  がすっかりスレてしまってなかなか釣れません
みんなお昼寝が終わると各々好きな事をして遊びます
そこへ遊びの達人が第二次放流をしますからみんな用意してくださいっと言い出しました
持ってきた大きな魚篭から朝キープしていた魚を放流し始めました、さすが達人です
又しばらく釣りを楽しめました
後は後片付けをして終わりです、家まで運転して荷物をかたして、
子供たちに今日釣れた魚を焼いてご飯を食べさせてお風呂に入れて歯を磨いて寝かしつけてから
ビールを片手に釣った魚のウロコと内臓とエラを取って1匹ずつラップに包んで冷凍したら
後は寝るだけです、お疲れ様でした〜〜 しばらく焼マスが続きますががんばって食べましょう〜〜
釣った魚は全部待って帰れます

注意!!
携帯は圏外になります、集合場所など事前に決めておきましょう
お昼寝でブヨに刺されて後日大きく腫れて人がいます
当然天然の河なので子供たちから目は離せません
来るときに降りた中央高速の相模湖東インターは出口しかないので
少し遠ざかりますが相模湖まで行って乗るか八王子まで峠を越えるかの選択になるのですが
遊びの達人によると相模湖は右折が込むので右折を回避しながら相模湖から乗るのが
オススメだそうです??
子供用のシャボン玉など釣り以外の遊び道具もあったほうが楽しめます

感想
かなりきついが楽しいです
近いしDisneyの半額です


  

小金井公園 

 動画はこちらから(バーベキュー編)
 
無料 車から遠 タープ可 直火不可(地面の上で炭火を焚くような直火は不可 バーベキューコンロを使いましょう
イス有少 駐車料金時間制 (水・レンタル・食材)なし トイレ遠 ゴミ捨不可 

事前に小金井公園サービスセンターTEL 042-385-5611で利用できるか確認してください
第二駐車場(間違えないで)近くのスポーツ施設管理センターで受付を済ませ(無料)バーベキューが出来る場所を教えてもらいます
荷物を現場まで運びます(道は舗装されているので台車使用可、距離があるので台車あったほうがいいかも)
後はシートでも敷いて一日遊べます
桜堤なかよし広場の近くを陣取れば子供達が遊具(少しですが・・)で遊んでいるのも見えますので
安心できると思います
売店でバーベキュー用の網や炭ぐらいは販売していました

注意
第二駐車場です(第一からは遠すぎます)
道具から食材まで全部持ち込みです
昭和記念公園と比べると使用料タダですが駐車場が時間制なので一日居ると料金が高くなってしまうかも知れません

 動画はこちらから(公園編)

かなりいいと思います、サイクリングコースや遊具、芝生など
遊具で遊んで芝生の上でお弁当食べてタップリ遊べます


  

川井キャンプ場
手ぶら可 車から近 直火可 ゴミ捨可
動画はこちらから
パパのための段取り〜〜
吉野街道から看板に従い坂を下ります
川原に向かう坂の途中に受付があります
そこで受付を済まして川原まで車で降りて荷物を降ろします
荷物を降ろしたら受付近くの駐車場まで車を置きに行きます
後は焼きまくり食いまくりです
マスのつかみ取りなどもやっているようです
川は流れが速く子供からは目を離さないように〜〜


 

富津公園で潮干狩りとバーベキュー
動画はこちらから
パパのための段取り
まず潮干狩からです〜〜

現地に着くと受付で人数分のチケットを買います
浜に入るときにチケット分のアサリを入れる網の袋がもらえます
後はその網に詰めるだけ詰めて出口に向かいます
出口では入り口で頂いた網に入ってるアサリ分だけを持っている人ははそのまま出られます
その分以上にアサリを取った人は別料金となります
そのとき別の大きめの別の網の袋がもらえるのでそれにアサリを入れて
海水のプールがあるのでそこでアサリを洗います
又砂抜き用の海水が用意してあるので、みんなペットボトルとかに入れて持って帰っていました
ですので袋にはイッパイイッパイ詰めましょう!!!
ガンバレば一時間ぐらいで袋いっぱいに取れると思います
大きいのを集めようと思うとかなり大変です、外見は問題ないのですが中に砂が入っているのが結構ありました
一つ一つ手で開けてみれば確認できるのですがナカナカ手間です
暖かい時期ですとヤドカニやカニや小魚などがいます
ガンバッテ採ってあげましょう〜
次はバーベキューです〜〜
潮干狩場から少し離れたところにバーベキュー場があります
駐車場もあるので車で移動しましょう少しわかりにくい場所にあります(入り口の近くにも数台の駐車スペースがあるようです)
駐車場から少し歩くとバーベキュー場に着きます
おじさんに料金を払って後は好きにやります
食材以外の道具は一通りあるようです(確認してください)
動画に映っているカラフルなテントには椅子とバーベキューセットが置いてありました
土日はたぶんそれを使うのではないでしょうか・・・
その日は僕たち以外に一組しかいなかったので
備え付けの椅子とテーブルを使って食事ができました
なぜかバーベキュー場にトランポリンがいくつかあり子供たちには大人気でした
感想
はじめは洋服に泥が付くのを気にしていましたが
一度転んでビシャビシャになり着替える着替えると言うのを、また汚れるから最後に着替えようと言い聞かせると
汚れることを気にせずどんどん泥んこになって遊んでいました
子供たちにはいろんな貝殻が落ちているので生きたアサリを見分けるのは難しそうです
ドロ遊びをしたりカニなどで遊んだほうが喜ぶようです
今回は潮干狩とバーベキューの利用でしたが、かなり広くぜひ又行きたいです、まだまだいろいろ遊べそうです
船橋の潮干狩場とくらべて〜〜
大きな違いは船橋は入場料を払えばアサリは100gにつき60円です
必要な分だけ採ればいいようです
船橋は潮干狩場が5ヶ所ぐらいに柵で区切られており
来客数に合わせて開放するようです
両方とも遠足などの団体客が結構来ているようです
船橋は東京から近い分、湾岸道路から倉庫街を抜けたら突然潮干狩場です
富津は田舎の大きな公園の一角に潮干狩場があるといった感じです



top